病気にくじけない|内科で早期発見しよう!

男性女性

最新のがん治療

病院

脳というのは、頭蓋骨や髄膜によって覆われています。そのため、脳腫瘍とは一般的に脳に発生するものだけではなく、脳や髄膜周辺に発生するものも指します。脳は人の生命維持活動をはじめ、思考や感情などを司る重要な臓器です。それゆえ、もちろん他の臓器も重要なのは変わりませんが、特に脳という部分は傷付けることが出来ないため、手術が困難といえるでしょう。しかし、近年では手術や治療の技術が進歩してきたため、従来に比べると生存率が上がってきました。その中でも特に注目されている治療方法として、免疫療法があります。内科や外科手術や化学療法などと比べてリスクが少なく、かつ効果が出やすいということで期待されています。今後さらに研究・試験が進めば、ますますスタンダードな方法になるでしょう。

より生存率を高めるために、どの腫瘍にも共通していえるのは、とにかく内科で初期症状を見逃さず、早期発見に努めることです。脳腫瘍の初期症状としては、頭痛のような症状から吐き気、めまいや手足の震えなど様々なものが挙げられます。脳腫瘍が良性ならば、多少時間的な猶予が与えられますが、悪性ならば特に早期発見が重要です。少しでも脳腫瘍のような症状が当てはまるならば、速やかに医療機関へ相談することが大切になります。他に知っておくべき点として、脳腫瘍には原発性と転移性があることです。脳は体の血液を循環させる働きがあるので、原発性の脳腫瘍は他の臓器へ、他の臓器の腫瘍は脳へと、非常に転移しやすい特徴があります。いずれにしても、この点をしっかりと押さえておけば、早期発見や治療に有効となるでしょう。

脳出血を防止する

女医と看護師

脳動静脈奇形は生まれつきの病気で、普段は症状はありませんが、脳の血管が破れやすく、破れると命にかかわることもあります。治療は開頭手術が基本となりますが、近年では血管内治療や放射線治療を組み合わせた方法が用いられます。

Read

手術せずに治すには

ナース

高齢者に多いのが脊柱管狭窄症です。間欠性跛行や腰をそらしたときの痛みが特徴です。病院ではリハビリを指示されることが多いでしょう。日常では、正しい姿勢に気を付けて、脊柱管を圧迫しないようにし、ストレッチや筋トレは医師の指示に従いましょう。

Read

症状と3種類の手術

診察室

脳動静脈奇形の症状は出血を伴うものが多く脳内出血につながることもあります。しかし、出血がなくてもひきつけやけいれんが見られることもあります。治療方法としては、開頭手術、ガンマナイフ、カテーテルによる手術があります。

Read